大阪府の同和地区一覧

去る16、大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例で、土地に関係する事業者が同和地区の場所を調査することを禁止する改正案が大阪府議会で成立しました。今後、法律上の余計なトラブルを回避するためにも、大阪府内の同和地区の場所を知りたい、という要求が増えることが予想されますので、大阪府の同和地区一覧を掲載します。

以下の表は、1977年5月10日に解放出版社から発売された「大阪の同和事業と解放運動」に掲載されていたものです。奥付によれば、この本は財団法人大阪府同和事業促進協議会(現在の財団法人大阪府人権協会)が編纂したもので、発行所は社団法人部落解放研究所(現在の社団法人部落解放・人権研究所)とあります。

本の冒頭では、当時の大阪府知事であった故・黒田了一氏により「この図書が、関係者はもとより、広く府民各位に読まれ、同和問題の理解と同和事業の推進にとって大いに役立てられんことを期待しています」と書かれているので、大阪府民であれば、ぜひ読むべき資料と言えるでしょう。

ちなみに、黒田了一氏と言えば、共産党の単独支持で当選した初の知事でした。

大阪府下部落概況

分かりやすいように、グーグルマイマップに掲載したので、ご利用ください。

より大きな地図で 大阪府の同和地区一覧 を表示

コメント

コメント(32)

  1. K on

    これを見て部落解放同盟が何と言ってくるかが楽しみですねえ。例によって「ネット上に大阪府の同和地区一覧が出ている! 第二の地名総鑑事件だ、我々の命を脅かす深刻な差別だ!」と大騒ぎしようとしても、情報源が解放出版社や部落解放・人権研究所では引き下がるしかないでしょう。まさか身内を糾弾するわけにも行かないし。

    「本に載せるのとネットで公開するのでは、一般人の目に触れる度合いが違う」という苦し紛れの理屈でイチャモンをつけようとしても、「この図書が、関係者はもとより、広く府民各位に読まれ」ることを期待すると謳っているのではそれもやっぱり無理ですね。

    返信

  2. K on

    ちなみに1977年といえば、黒田了一が同和行政をめぐって社会党と袂を分かった後のようですが、そんな人がよく解放出版社や部落解放・人権研究所の本に推薦文を書きましたね。部落解放同盟から見ると敵になる筈ですが。

    返信

  3. tottoriloop on

    案外皮肉で推薦文を書いたのかも知れません。「滋賀の部落」といい、共産党というのは、なかなか素晴らしい物を後世に遺してくれますね。

    返信

  4. 米吉 on

    Add Your Comment
    和泉市王子町は部落なんですか?

    返信

  5. tottoriloop on

    王子町全体がというわけではなくて、王子2区という一部の地域が部落だったようです。

    返信

  6. 匿名 on

    Add Your Comment

    王子2区とはどの区域ですか?
    王子2丁目ということですか?

    返信

  7. tottoriloop on

    正直なところ、そこまでは私も分かりません
    ただ、王子町2丁目に人権文化センターの分館があるので、それが正解かも知れないですね

    返信

  8. 匿名 on

    調べる方法はありますか?

    返信

  9. tottoriloop on

    現地に行って地元の人に聞くのが確実でしょう。ただ、もう地区指定がなくなっていますし、人の出入りや開発もあるので、どこからどこまでが部落だったかということが曖昧になってしまっている可能性があります。

    返信

  10. 匿名 on

    実際には被差別部落でもこれには載っていない地域もありますね。
    そこは解放同盟との関係如何で決まっているのでしょうか。

    返信

  11. 匿名 on

    マジな話すると、部落は200年、100年前だけの話と思ってました。日本史でちょっと聞いたくらいです。今でも部落とかの問題があることに驚きです。ネットで調べてみると、部落民のほうが、騒ぎ立てているらしいですね。また、いろいろと問題があるとかで、いやあ、怖いです。更に言うと、部落民が被部落差別とかの話を持ち出さなければとうに部落民を区別することは消えていたのではないのでしょうか。結局のところ、現状の皆の差別的な行為の本来の心情は危険であるから近づかない、関わらないという事でしょう。部落だったとかではなく、危険だから区別してる、というところでしょうかね。

    ちなみに僕の住んでいた市に部落があった事に驚きです。
    これを見るまで全く知りませんでした。
    更に今在住中の区にもありました。

    返信

  12. 匿名 on

    消えかかっていた部落差別復活か?!
    復活したらまた同和地区に税金を投入して環境良くしようとするから
    こういった情報を載せることに誰も得しない。
    載せた人間の自己満
    ってかYOU TUBE見たがなさけなぁ~

    ちなみにぐーぐるまっぷの位置あってないのがある。
    屁理屈述べて法務局相手にするならバシッと部落の位置ぐらい決めろや

    返信

    • 鳥取ループ on

      すみません。大阪府の場合は大まかな地名だけの資料しかないので、機械的にマーキングしていました。

      もっとちゃんと特定するようにします。

      返信

  13. BOO on

    差別助長を楽しんでいる人のどれだけが「現代の下流社会」に位置づけられているかと思うと笑えてくるね。
    うちは片親側が部落民だが、子孫の私は超一流大学を出て、家柄のよい旦那をもらって二人で収入は余裕の2千万円超。
    不当につらい思いをして自分に命をつないでくれた先祖たちや親に心から感謝する。彼らが永久に報われるように、今後もぜひ頑張りたい。
    「現代の下流社会」は環境に恵まれなかった人をのぞけば、自分の努力が足りなかった人。部落と比べたら不当でもなんでもない。自分より「下」と思える人を作り上げて自分を慰めたいだけの人間にはなりたくない。

    返信

    • 鳥取ループ on

      解放同盟系の書籍や大会でも、差別はニートやひきこもりのような下流社会の人が憂さ晴らしにやっているというのが定番の主張なのですが、実はそうではなかったりします。

      解放同盟と対立する共産党にしても、別の意味で対立している在特会にしても、実際に構成員に会ってみると、「表の社会」では会社の管理職だったり、自営業者であったり、それなりの社会的地位を持っています。考えてみれば当然のことで、組織を維持するにはそれなりの資金源が必要です。つまり資金を出すだけの経済的余裕のある協力者にがいるということです。サングラスやマスクをしてデモをする人は、面が割れることで失うものがある、つまりは社会的地位のあることの裏返しなわけです。

      BOOさんの言うところの「差別助長を楽しんでいる人」というのは、むしろ中産階級が多いだろうというのが私の分析です。

      返信

    • 匿名 on

      部落階級は下層特権階級だったので儲かってただろうから不当につらい思いをしたとはいえない。。所得の多い少ないで上下が決まると思っている人間は心が卑しい。顔も卑しくなる。

      返信

  14. 家柄の良いお家の子の妻 on

    失礼ながら、旦那が先祖代々某地方のゆゆしき家柄の出ですが、
    たとえ片親でも部落民なら私との結婚は無かったとのこと。
    もちろん其処はクリアーできたので結婚しました。
    事実はちゃんと知っておくべきですね。

    返信

  15. 利恵ちゃん命 on

    藤井寺のH地区はまったく過去を知る手がかりがないですね。
    未指定地区でも集会場なんかはあったはずだと思うのですが。
    謎の地区ですね。

    返信

  16. 太郎 on

    豊中の上麻田と下麻田の区別がつかない

    返信

    • 鳥取ループ on

      下麻田が豊中市螢池中町、上麻田が豊中市螢池北町のようです。
      1つの地区として扱われていました。

      返信

  17. 匿名 on

    泉南郡の岬町はみさき公園の一帯だけですか?どの辺りまででしょうか。

    返信

  18. [BLOCKED BY STBV] 橋下徹 週刊朝日『ハシシタ』全文と過去の出自報道 | 知ったかぶりの境界線 on

    [...] らのサイトで確認して下さい。 ⇒大阪府の同和地区一覧 鳥取ループ [...]

    返信

  19. まー on

    うわ・・・・
    僕同和の人間だったんだ・・・ショック。

    返信

  20. 引越し作業中 on

    1人暮らしから結婚のため引越し先の選定中です
    異常に安いから気になって調べたら当たりっぽいです
    また探しなおしだ・・・
    しかし助かりました有難う

    返信

    • 鳥取ループ on

      はあ?
      大阪なら同和地区に住むのが通というものですよ。

      返信

  21. 民俗学としての被差別民および山窩研究家 on

    民俗学としての被差別民および山窩を研究するには、どうしても未指定地区を知らないといけません。

    特に堺市の未指定地区を調べております。

    未指定地区として、四ヶ所小家頭(七堂浜・悲田寺・北十万・湊村)の非人村、A香山、M舌鳥、八SI、KAKU、大豆TU(市営団地付近)、今IK、深井NA町、その他いろいろ有るようです。

    堺市の同和地区と言えば協和町ですが、同和未指定地区が上記のごとく多く有ります。

    なぜここまで被差別地区(未指定を含む)が多いのか、またその起源(もちろん古墳の周囲や河川の傍が多いのですが)を調べております。

    堺市の未指定地区の情報が有りましたら宜しくお願い申し上げます。

    また未指定地区に関しては、図書館等で調べることは出来るのでしょうか?。

    返信

    • 鳥取ループ on

      正直なところ、私は歴史研究についてはまだまだ未熟者です。

      未指定地区研究に関しては私よりもっと詳しい人がいるのではないでしょうか…

      いずれにしても、図書館や古書店が重要な情報源になると思います。

      返信

      • 民俗学としての被差別民および山窩研究家 on

        返信ありがとうございました。

        一般地区で同和教育を行うよりも、むしろ同和地区で道徳教育をするべきではと考えております。

        同和地区の税金の優遇、香具師等で収入があるにも関わらず生活保護費を受給されている(しかもその生活保護費でパチンコ等をしている)、免許取得に関する優遇、就職における同和枠等、国や都道府県、市も同和地区の人間を外国人並に特別扱いし、甘やかしております。

        つまり部落民は大和民族より別れつつある新しい民族なのかも知れません(同和民族!!)。

        過去に世界中でもこのようにして、新しい民族が出来上がったいったのかも知れませんね。

        鳥取ループさん、応援しております。真実は正義ですし、正義は必ず勝つ!!。

        返信

  22. 匿名 on

    「この図書が、関係者はもとより、広く府民各位に読まれ、同和問題の理解と同和事業の推進にとって大いに役立てられんことを期待しています」

    この部分のpdfもいただければありがたいです。

    返信

  23. 匿名 on

コメントする





7 + = 十