エセ同和の部落解放同盟東京都連合会と東京都の協議会

「エセ同和」というのは、2つの意味合いがあって、一般的には同和問題を口実に不当要求をする行為を言います。もう1つは部落民でもないのに部落民を自称することで、これは部落解放滋賀県連の独自の解釈であまり一般的ではありません。

いずれにしても、「部落解放同盟東京都連合会」という団体はその2つに当てはまっているので、間違いなくエセ同和であると言えます。

以下は教育正常化推進ネットワークの情報公開請求により公開された、東京都と部落解放同盟東京都連合会との協議会の議事内容の一部です。一部黒塗となっていますが、昨年、私がgooブログに開設していた全国部落解放協議会のブログが消された経緯をご存知の方は、黒塗りの部分に何が書かれているかおおよそ想像できると思います。

tokyo18

tokyo19

部落解放同盟東京都連合会が「東京都が法務局を通してgooブログに圧力をかけて全国部落解放協議会ブログを削除してくれるに違いない!」と夢想しているのに対して、公開された文書にわざわざ「あくまで法務局に情報提供しただけで、削除しろとは言っていないんだぞ」という趣旨の註釈が付けられていることで、何となく東京都の担当者の立ち位置が分かると思います。同和団体をなだめないといけないけど、あまり深入りして仕事を増やしたり、責任を取ることはしたくないといったところでしょうか。

ご承知の通り、この手の削除要請に従う義務はないということは、東京高裁の判決で言われていることなので、部落解放同盟東京都連合会は他人に義務のないことをやらせようとしているわけで、不当要求をしている、つまりエセ同和であると言えるでしょう。

また、そもそも東京都には同和地区が存在したことはなく、差別される対象と最高裁も認定している部落民は存在しないので、そのような地域で同和団体を自称している部落解放同盟東京都連合会は、間違いなくエセ同和でしょう。

東京には戦前までスラムのようなところがあって、民間の隣保館が置かれたことがあります。しかし、ご承知の通り戦時中の空襲であちこちが焼け野原になり、戦後の高度経済成長期に、全国から様々な素性の人が集まってきたわけです。そして、同和対策特別措置法時代には、結局同和地区指定をすることができませんでした。一方、部落に由来を持つと自称している人に対して、属人的な同和対策事業が行われており、部落解放同盟東京都連合会はその当時の既得権益を引き継いでいる団体なわけです。

部落解放同盟東京都連合会は東京の被差別部落などというページを作って、東京に被差別部落があったんだぞ!と主張して、人の興味を煽っていますが、昔の集落がそのまま残っている田舎ならともかく、東京に今住んでいる人には関係ありません。要は部落解放同盟東京都連合会はそうやって部落差別を持ちだして、法務省などが未だに同和問題の存在を認めていることをいいことに、人を畏怖させるようなことをしているわけです。

断言しますが、部落解放同盟東京都連合会の会員は近世の東京の被差別部落とは全く関係なく、普通の都民と何も変わりません。違うのはエセ同和行為をしているだけです。そもそも江戸時代に自分の先祖が何をしていたのか知っている都民が何%いるでしょうか。

常識的に考えれば、様々な素性を持つ人が暮らしていて、それをいちいち気にしても意味が無い状態になっている東京で、わざわざ部落出身を自称して、行政や企業に圧力をかけて、行政や企業が真面目に相手をしていることが、どれだけ異常で異様なことか分かると思います。

エセ同和というのは、警察が言うところの社会運動標榜ゴロてあって、反社会的勢力なので、部落解放同盟東京都連合会を企業や自治体が相手にすることはコンプライアンス(笑)上、非常に問題があると言えます。

全文を以下からご覧になれます。

同和問題に関する部落解放同盟東京都連合会との連絡協議会(第2回).pdf

部落解放同盟東京都連合会が同和でなければ何なのかというと、28ページあたりを見ると、荒川や墨田界隈の皮革業者の組合みたいな感じがしますね。

なお、全国部落解放協議会は現在はライブドアブログに引っ越して復活しています。

コメント

コメント(25)

  1. 通りすがり on

    http://inyh65b5u2mpt6d5.onion/wiki/

    同和地区wikiの編集用のアクセスページが404になっています。なんとかしてください。

    返信

    • 鳥取ループ on

      すみません、なんとかしました。

      返信

  2. 名無しさん on

    島崎哲朗弁護士の件。「1週間以内にネットの電話帳の情報を削除しないと法的手続きを取る」ではなく、2015年8月14日付で提訴したと島崎は表明しています。

    http://www.shima-office.com/hint.htm#007

    近々、訴状が届くのではないでしょうか。

    返信

    • 鳥取ループ on

      実は13日に削除請求書が届いたので、即日島崎哲朗弁護士の留守番電話に「拒否するので法的手続きをとってください」と入れておいたのです。さすが仕事が早いですね。

      返信

  3. 通行人 on

    http://matomeone.seesaa.net/article/305483744.html

    ↑のコメント欄に、この弁護士が投稿しているようです。
    いわゆる、「忘れられる権利」について取り組んでいる方のようです。

    確かに、些細な犯罪で未来永劫ネット上に個人情報が残るのはいかがなものかという気がする一方、現に、部落解放同盟とか言う腐った団体は、何度も犯罪を繰り返しているため、そういった現状を考えれば、潜在的な被害者の防止、国民の知る権利といった観点から、安易に削除に応じるべきではないと考える。

    「忘れられる権利」は、間違いなく解放同盟に悪用される。

    なので、この弁護士に、解放同盟の愚行蛮行悪行の数々について、どういう見解をもっておられるのか、これらを忘れてもよいものなのか、権利を悪用されたらどうするのか、見解を聞いてみたいです。

    返信

    • 鳥取ループ on

      もちろん、削除には応じません。
      日本の司法はあまりにも名誉棄損を拡大解釈しすぎで、逆効果になっていると思いますね。
      確信をぼやかしての報道や議論しかできないので、誤解やデマが広がってしまい、それを検証したり反論したりしようとしても「名誉棄損」が邪魔するわけです。
      非常によくない風潮だと思っています。

      返信

  4. 閲覧者 on

    強気なことを言いつつ、内心「えらいことになった。法律を自己流で生齧りしただけの俺が弁護士に勝てるか?」と焦ってるんじゃないですか。

    原告の請求が「ネットの電話帳の情報を削除せよ」だけなのか、損害賠償請求も入っているのかどうか知りませんが、後者の場合、最終的に宮部さんの敗訴が確定したら悲惨ですよ。島崎弁護士の訴訟は、千丈の堤を崩す蟻の穴になるでしょう。

    なにしろ一億数千万人の潜在的な原告がいるわけです。一人あたりの賠償額は大したことがないにせよ、集団訴訟に発展したら天文学的な数値の賠償額になるのは間違いありません。

    現在の住居も差し押さえられて強制執行をかけられ、着のみ着のままで放り出されることになるかもしれませんね。あとはひたすら賠償金を払い続けるだけの人生。

    返信

    • 鳥取ループ on

      それはありません。もしそうなら、3年以上もあのサイトが放置されることはなかったでしょう。
      訴訟の経過は逐一報告しますので、見ておいてください。

      返信

  5. 通りすがり on

    島崎という弁護士は在特会vs.京都朝鮮学園の裁判における、京都朝鮮学園側の代理人の一人です。

    http://www.law.tohoku.ac.jp/research/publiclaw/2014_7_8.pdf

    もっとも、在特会を批判する勢力が島崎をそそのかして提訴させたのかどうか、そこまでは不明です。早く訴状を読みたいですね。

    返信

    • 鳥取ループ on

      そうだったのですか。ということは、提訴した本当の理由はプライバシー侵害云々ではなくて、単に島崎弁護士の個人的な思想信条の問題なのかも知れないですね。

      返信

  6. 名無しさん on

    島崎「契約者の希望で電話帳から削除された情報をネット上で公開するのはプライバシー侵害です」
    宮部「でも国会図書館に行けば昔の電話帳も読めるじゃないか。図書館で公開されている情報をネットで公開したら不法という主張は不合理だ」
    判事「では国会図書館に置かれている昔の電話帳も閲覧禁止にしましょう。被告宮部の敗訴」

    という結果に終わりそうな気がする。

    返信

  7. 名無しさん on

    あるいは、国会図書館とネットでは情報へのアクセスの容易性が違うという理屈で被告敗訴となるか。国会図書館に足を運んだり遠隔複写サービスを申し込んだりする手間暇がプライバシー防御の盾になっているという立論。

    いずれにしても、変な判例を作らないためには本人訴訟じゃなくて弁護士を立てた方がいいかもしれない。同和地区公開訴訟にしても、本人訴訟で争った結果、解同に有利な判例を作ったわけだし。

    返信

    • 鳥取ループ on

      別に負けたって構わないですよ。むしろ、敗訴してこのまま胡散臭い地位を維持したほうが、競合他社が参入しづらくなって助かります。
      多くのネット企業がやっているみたいに、サーバーを海外に移せばよいわけですし。

      同和地区公開訴訟は解同に有利ですかね?
      要は同和地区情報の開示ができなくなったので、もう同和行政の再開は不可能になったと思いますが。

      返信

  8. 通行人 on

    私は、鳥取ループさんを応援しています。

    前々から書いていますが、私は、必ずしもループさんの考え方を、全て支持しているわけではありませんが、解放同盟や、この弁護士などを許すつもりはありません。

    応援しています。今回はたちの悪そうな敵ですね。

    なお、代理人弁護士がたくさんいる場合は、何らかの理由で、単に名前を貸しているようなケースもあると聞きます。京都朝鮮学園の件に、どの程度関与していたのか、ここに掲載されているリンクだけでは判断できません。

    返信

    • 鳥取ループ on

      いずれにしても、私とは相容れないタイプの弁護士であることは間違いないです。
      裁判の勝敗などどうでもいいので、言いたいことを言ってやります。

      返信

  9. 匿名 on

    時々覗きに来ている大阪府民です。
    裁判頑張ってくださいね!

    返信

  10. 通行人 on

    安保法制より、この問題の方が、今後この国に影響を及ぼしかねない。

    返信

  11. ... on

    今回の訴訟はニュースにもなったわけだが、鳥取ループの奥さんは平気なのか? 亭主に泥足で部屋を汚されることにはブチ切れても、こういうことは気にしないのか。

    返信

  12. 鳥取ループ on

    気にしないようです。

    返信

  13. 通行人 on

    ループさん大丈夫ですか?

    某掲示板を読むと、いろいろな方面から屑が集まり、あなたに危害を加えようとしているようですが。

    暴力革命家が多くて困る。

    返信

  14. . on

    訴状を読みました。

    虚偽提訴で業務を妨害されたとすれば、まず反訴すべきではないでしょうか。弁護士への懲戒も請求すべきかもしれません。

    返信

    • 鳥取ループ on

      まだ虚偽かどうかは分かりません。結果的に提訴されたためにアクセス数が増えたので、業務妨害と言えるか微妙ですね…

      返信

  15. 同和地区ウィキ編集者 on

    同和地区ウィキに参考資料の画像をアップロードするにはどうしたら良いのか、教えてください。

    返信

    • 鳥取ループ on

      アカウントを作成して、ログインしてください。すると、左側に「ファイルをアップロード」と表示されるはずです。

      返信

  16. 同和地区ウィキ編集者 on

    ありがとうございました!

    返信

コメントする