同和地区を持つ学校における指導の実際

今から50年近く前の同和教育研究資料です。当時は同和地区の児童生徒に対する学力保障、地区内外での仲間づくりということが重視されていました。今の「人権教育」とはかなり違っていると思います。

同和地区を持つ学校における指導の実際1964.pdf

校区内に同和地区があるからと言って、学校名を伏せるというような発想も当時はありませんでした。以下の学校での取組が報告されています。

  • 奈良県大和郡山市立 矢田小学校
  • 長野県長野市立 大豆島小学校
  • 滋賀県高島郡安曇川町立 安曇小学校
  • 群馬県群馬郡倉淵村村立 倉淵小学校
  • 大阪府富田林市立 第一小学校
  • 長野県長野市立 山陽中学校
  • 和歌山県和歌山市立 東和中学校

コメント

コメントする