とっとり県政だより2月号「人権が尊重される社会へ」

とっとり県政だより2012(平成24)年2月号より。

本サイトを「差別行為」と名指しで批判して、昨年末から年を越しながら匿名で自作自演の批判サイトを立ちあげていた人の言葉が載っています。

新しい課題に、インターネットによる人権侵害があります。現在、わが国には差別行為を禁止する法律がなく、ネット上では匿名性を悪用した人権侵害が野放しに行われ、被害者は泣き寝入りの状態です。冷やかしやからかいの情報が掲載され、画面上のイメージが偏見や差別意識を植え付けます。県民や行政が長い時間をかけて築いた施策や教育の成果が安易に壊され、悔しいです。部落差別をはじめ、あらゆる差別をなくすために法律の整備が望まれます。

誰でも分かること、誰でも知るべきことについて、黙ったり、嘘をついたり、ごまかしたり、白々しいことを言ったりして、しかもそれを他人にも強要するような施策や教育が壊されるのは当然のこと。

「法律の整備が望まれます」というのは、要は反論できなくて悔しいから、自分らの考えと相容れない人間を警察に逮捕してもらって、罰金を取るか刑務所に入れたいということなのでしょうが、それのどこが「人権が尊重される社会」なんだと思うわけです。

コメント

コメント(9)

  1. hideo on

    スマホ対応したんですね。見やすいです。

    返信

    • 鳥取ループ on

      感想ありがとうございます。

      日々進化させています。

      返信

  2. K on

    「人権」とはもともと公権力の対概念で、公権力の横暴に対して人民が自己防衛のために主張する権利。ですから、「人権」の名のもとに公権力で人民を黙らせようというのは本末転倒もいいところですね。倉吉市役所の前田寿光さんは鳥取ループさんから「税金泥棒」と言われて「あんたそれ人権侵害だ。謝罪しなさい」と激怒していましたが、公務員が私人から税金の使い道を批判されて「人権侵害」を申し立てるとは痴愚魯鈍の極み。前田さんは解放同盟の人なので、おそらくバカの一つ覚えで「不利なことを言われたら『差別だ、人権だ』と叫べばOK」という認識しか持っていないのかもしれません。

    返信

  3. 複雑です。 on

    自分のルーツである鳥取県について調べていたら、ルーツの町が鳥取ループさんの
    作ったマップに入っていました。親からも聞かされたことがないので、少々複雑な気持ちです。東日本在住なので、西日本のこういった問題は全く知らなかったです。ですが、鳥取と同和問題を考えるきっかけにもなりました。

    返信

    • 鳥取ループ on

      鳥取の場合、歴史的に一般集落と穢多の居住地域がペアになっていた地域が多く、現在ではそれがまとめて1つの地名になっている場合が多いので、あのマップの地名にルーツがあるからと言って部落出身者かどうかは分かりません。

      マップにある地域以外に小さな被差別部落はたくさんありましたし、逆に被差別部落ではなかったのに同和地区指定されている地域も多いです。

      返信

      • 複雑です。 on

        そういうものなのですか。問題はますます複雑化していきますね。
        では、町一つとっても、例えば北と南で居住地域がわかれていたりもするといったことでしょうか。鳥取ループさんは鳥取の同和地域を全て把握しているのですか。

        返信

  4. 鳥取ループ on

    鳥取の部落は約100箇所と言われていますが、私も全てを把握していません。

    居住地域については郊外では分かれていることが多いですね。市街地では混ざってしまっていますが。

    返信

  5. ドンゾコ on

    清見さんは変わり映えしないなあ
    強大な力を背景にしながらの被害者ヅラ・・・ってパターン
    傷付いただの、孤独感だの、打たれ弱いフリして、やってることは
    「オマエ、それ差別や!」って言って脅す運動体の奴らのやり方そのもの
    お仲間でもあるはずのポルシェ中川やヤマトハイミールや飛鳥会の総括でもして見せてくれたらいいのに^^
    ひとたび差別発言と認定しようものなら、「身元調査お断り」とか言ってる自分らが発言者の身上を細大漏らさず調べ上げ、周囲の人間も差別者に違いないと決めつけて職場に押し寄せて、所属する会社の経営者まで糾弾会に引きずり出すくせに、解放同盟の不祥事は「個人の資質の問題」で片付けようとするんだよなあ・・・

    返信

    • 鳥取ループ on

      まあ、えせ同和ですよね。それを役所が後押ししているので困ったものです。

      返信

コメントする