滋賀県同和地区情報公開裁判 4月12日判決へ

地域総合センターの名称・位置、同和地区名等の公開を求め滋賀県を提訴した裁判の第8回口頭弁論では双方が提出した証拠の確認がされました。これは、情報公開・個人情報保護審査会が大阪市の同和地区一覧は公開情報であると判断した答申と、それに反して法務局が大阪市の同和地区一覧を不開示とした裁決書です。

証拠と証拠説明書はこちらからご覧ください

これについては、審査会の答申と行政側の判断のどちらを裁判所が重視するかによって、判決に影響があるものと思われます。

そして、今回の口頭弁論で結審しました。

4月12日午後1時30分に判決が言い渡されます。判決の言い渡しは形式的なものなので、当日裁判所に言ってもたぶん法廷には裁判官と書記官以外誰もいないのでご注意ください。

コメント

コメントする