書籍版「部落ってどこ? 部落民ってだれ?」発売

来週8月15日、2冊目のリアル書籍「部落ってどこ? 部落民ってだれ?」を発売します。電子書籍で好評だった「同和はタブーではない」の書籍化版です。

お買い求めはこちら(Amazon)から!

次の書店でもお買い求めになれます

東京・新宿 模索舎通販もあり

北海道・函館市 北文館MEGAドン・キホーテ函館店

滋賀県の同和地区を舞台に繰り広げられる、最初から最後まで気の抜けない手に汗握るノンフィクションです。見どころは同和地区の情報公開を巡っての町役場との頭脳戦、謎の人物による900人以上にも及ぶ部落解放同盟の名簿流出と、文部科学大臣が来場する部落解放大会への爆破予告。事件を通して同和地区とはどこで、同和地区出身者とは誰なのか、とことん解き明かしていきいます。

関西で政治活動に携わる人々には、おすすめできる一冊です。

コメント

コメント(6)

  1. 長岡1619 on

    是非、解放出版社でも取り扱いして欲しいですね。

    返信

  2. tottoriloop on

    取り扱いをするとしたら「りぶら」でしょう
    http://blhrri.org/ribura/ribura.htm

    ぜひ滋賀県立図書館にもリクエストしてください

    返信

  3. 長岡1619 on

    マンガばっかり置いて貸出回転率上げてる滋賀県下の図書館にリクエストのメールしておきます。

    返信

  4. ★パチンコに節電を求める会 埼玉県議会提出 署名活動のお知らせ « 告知 « 外国人犯罪追放運動Blog on

    […] 鳥取ループ http://tottoriloop.miya.be/?p=1183 […]

    返信

  5. 米原長岡1619 on

    20冊ぐらい買って行く先々の市役所や図書館に勝手に置いてこようかな。
    もしくはチラシがあるといいね。コンビニでコピーしまくって官公庁の待合なんかにチラシ置いてある所でチラシテロとかできるしね。

    返信

コメントする