月刊「同和と在日」2011年7月号を発売しました

電子雑誌 月刊「同和と在日」7月号を発売しました!

お買い求めはこちらのアドレスから。

http://atamaga.jp/dz8
http://p.booklog.jp/book/28948

Android Market からもお買い求めになれます。

https://market.android.com/details?id=jp.atamaga.dz8

シリーズ「自演」では前回に続き差別自作自演事件の関係者を直撃する。
朝鮮学校への補助金支出問題で福岡県が提訴された。
原告の1人であるなめ猫こと近藤将勝氏から、その背景を特別寄稿。
とある部落が同和地区指定されなかった理由を住民に直撃取材。
ほか

●リベラルな電波グラビア館
・民主議員、日弁連もドン引きしたナゾの在日韓国人女性
●シリーズ「自演」 立花町連続差別ハガキ事件 第2回
・住民から総スカンを食らう
・八女の「なめ猫」
・熊本氏、週末社長について語る
●シリーズ なぜ二重詐取が行われたのか ~福岡の朝鮮学校と行政の不透明な癒着の謎を追う
・高校無償化により地方自治体による朝鮮学校への補助金問題がクローズアップされた
・福岡で明るみになった朝鮮学校による補助金の二重取り
●滋賀の“同和ではない部落”を歩く
・田んぼの中に浮かぶ島
・こんな大きな在所、隠せるわけないやんか
・自主独立という「解放運動」
●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅
・第3回「「同和」問題啓発漫画「2020」」
●滋賀県同和行政バトル日記⑧
・第4回口頭弁論 地域総合センターって何?
・大阪の「土地差別調査禁止」条例が今年10月から施行開始
・東近江市で地域総合センター廃止の動き

実はアマゾンで新刊も準備中です。タイトルは「部落ってどこ?部落民って誰?」。電子書籍として大好評だった「同和はタブーではない」の書籍化版です。発売は8月15日を予定。ただいま予約受付中です。

コメント

コメント(4)

  1. 公益財団法人滋賀県人権センターの求人 on

    【公益財団法人滋賀県人権センターの求人】

    ハローワーク求人番号 25010-05646011
    ハローワーク ( https://www.hellowork.go.jp/

    公益財団法人職員(一般職)

    ・地域総合センター運営助言、就労・人権相談
    ・人権啓発研修及び研修会講師、各種集会の企画運営
    ・ホームページ作成、インターネット監視など同和問題・人
     権問題解決に向けた活動とそれに伴う事務
    ・総務関係事務

    有効期限日 平成23年6月30日

    人権センターがインターネットを検閲する時代なんだね。

    返信

    • tottoriloop on

      税金使ってやるようなことではないです。がんがん無視すればよいと思います。

      返信

  2. t on

    以前と比べて外観が全く異なってかわいらしくなっているのでびっくりしました!
    外観とガチな内容のギャップがたまりませんね(笑)

    返信

    • tottoriloop on

      タイトルが固い!と言われてしまったので、せめてデザインだけでもやわらかくしました。

      返信

コメントする