月刊「同和と在日」2011年3月号発売しました

今回は大阪大特集です。今まさに府議会で議論されている大阪府部落差別調査等規制等条例にまつわる背景を徹底取材しています。その中で、全国でも最大規模の同和対策事業が行われた大阪のその後の意外な姿が見えてきます。

また、12月号でお伝えした滋賀県草津市の隣保館の、身も蓋もない実情のインタビューを掲載しました。

お買い求めはこちらから。

http://atamaga.jp/dz5
http://p.booklog.jp/book/21477

目次
●リベラルな電波グラビア館
・俳優・宇梶(うかじ)剛士(たかし)の母がアイヌを語る
・小沢一郎にハマる中高年左翼たちの謎
●追跡 大阪土地差別調査事件
・「隠蔽(いんぺい)」と「暴露(ばくろ)」
・同和地区が個人情報であるという拡大解釈
・糾弾はビジネス? 企業が入会をすすめられる「同企連」の会費は○○万円
●ワイド 大阪同和大帝国
・やっぱりあった“大阪府部落リスト” 作ったのはあの団体
・同和奨学金返還業務は大阪市職員の墓場?
・隣保館運営費等補助金は一般対策!?
・豊中市同和住宅 一般化の意外な手法
・大阪地域支援人権金融公社のなんでやねん? 極楽返済計画
・興信所条例改正を迫る民主党にギブアップ気味の橋下府知事
●自伝本はゴールできなかったサッカー日本代表・李(り)忠成(ただなり)
●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅
・第1回「大阪の部落史第7巻」
●草津市ゴージャス隣保館ぶっちゃけ裏事情
・自立したくても自立できない、甘やかしと甘えの構造
・同和地区と一般地区に立ちふさがる壁
●滋賀県同和行政バトル日記⑤
・第2回口頭弁論「公営住宅の名称と位置は個人情報か?」

コメント

コメントする