月刊「同和と在日」2010年11月号発売しました

予告通り月刊「同和と在日」2010年11月号を発売しました。今回の見所は謎の多い環境大臣「松本龍」と、総務大臣になった元鳥取県知事「片山善博」です。はるばる福岡県、鳥取県へと飛んで総力取材しました。

以下のアドレスから発売中です。

http://atamaga.jp/dz1
http://p.booklog.jp/book/13090

また、Android携帯電話をお持ちの方は、Android Market で「同和」または「示現舎」で検索してください。

目次
●リベラルな電波グラビア館
・迷走・社民党に明日はなし!?
・北の後継者、金正恩は在日二世で問われる正統性
●博多の不動産王“プリンス同和”松本龍環境相の真実
・治一郎と龍 巨大すぎる祖父と平凡すぎる孫
・難攻不落の福岡1区、松本龍が選挙に強いワケ
・電力の鬼、松永安左エ門をバックに資産を築く
●韓国大好き、片山善博総務相が鳥取県でやってきたこと
・片山氏と朝鮮半島
・環日本海国際交流ブーム(?)の火付け人
・学芸会県政
・改革派知事のさきがけ
・人権救済条例騒動
・片山氏が去った後
●同和対策固定資産税減免を申請するとどうなるか
・部落民になりたい若者が急増!?
・鳥取市の同和減免
・対象地域は非公開
・実際に申請してみた
・先祖から受け継いだもの
・同和減免を続ける米子市
●鳥取市の仰天!就職ご祝儀「特定新規学卒者就職支度金」の中身
●連載 滋賀県同和行政バトル日記①
・バトルのはじまり
・同和地区を情報公開請求することの意味は
・滋賀県を提訴
・地域総合センターは法令により公開されているか
・同和地区が分かることは住民の不利益になるのか

コメント

コメントする