鳥取市で差別落書きが多発

毎年、7月から8月にかけての部落解放月間の時期には多くなると言われる差別落書きですが、今年も鳥取駅のトイレなどで多発しているようです。最近、公共施設の指定管理者等へ配布されているという対応マニュアルがあります。

さすがに、一昔前みたいに地元解放同盟に通報というのはなくなりましたが、人権推進課職員が、記録用にカメラやトレーシングペーパー持参で記録に向かうようです。市の職員が便所の壁にトレーシングペーパーを当てて、鉛筆で一所懸命落書きをなぞる姿を想像してしまいました。どのような落書きが記録されているのか、一度見てみたいものです。

コメント

コメント(2)

  1. tarako on

    施設閉鎖w
    いったいどんなすげぇ落書きなんだろうと逆に興味があります。

    返信

  2. Tweets that mention 鳥取市で差別落書きが多発 - 鳥取ループ -- Topsy.com on

    […] This post was mentioned on Twitter by sugimaru, 鳥取ループ@同和地区住民. 鳥取ループ@同和地区住民 said: 差別落書き対応マニュアルを入手しました /?p=414 […]

    返信

コメントする