鳥取市同和問題企業連絡会会員名簿

鳥取市同和問題企業連絡会の会員名簿と役員名簿が公開されました。
役員名簿の個人名は代表幹事を除いて不開示となっており、企業名だけが公開されています。役員名簿の筆頭にある中国電力、鳥取三洋、日ノ丸自動車は同企連のコアグループとして重要な役割を果たしている企業です。鳥取の主要都市にある同企連の全身は、これら3社にさらにオムロン倉吉を加えた四社合同同和問題連絡会(略称・四社懇)です。これらの企業に共通することは、いずれも部落解放同盟の糾弾を受けていることです。そのきっかけとなったのは、1980年前後に起こった「部落地名総鑑事件」でした。中国電力、鳥取三洋、オムロン(オムロン倉吉ではなく京都のオムロン本社)はい部落地名総鑑を買った企業です(日ノ丸自動車については未確認です)。
四社懇の設立は1982年であり、これらの企業では早くから社内での同和研修に取り組んできました。しかし、なぜかその後もこれらの企業では「差別事件」が続発します。そして、1990年には鳥取市同和問題企業連絡会が設立されました。
鳥取市同企連は9つのグループに分けられています。以下は、役員名簿と各グループごとの名簿です。鳥取市の名だたる企業はほとんど名前を連ねているので、鳥取市にお住まいの方は、お勤めの企業名が入ってるかも知れませんね。
代表幹事
中国電力㈱鳥取支社
副代表幹事
鳥取三洋電気㈱
日ノ丸自動車㈱
グッドヒル㈱
㈱鳥取銀行
鳥取いなば農業協同組合
幹事
鳥取中央郵便局
西日本旅客鉄道㈱米子支社・鳥取鉄道部
日本生命保険(相)鳥取支社
日ノ丸西濃運輸㈱
㈱損害保険ジャパン鳥取支店
大和建設㈱
鳥取県農業協同組合中央会
㈱山陰合同銀行鳥取営業部
㈱鳥取大丸
やまこう建設㈱
リコーマイクロエレクトロニクス㈱
会計監査
朝日生命保健(相)山陰支社
山陰リネンサプライ㈱
第1グループ
㈱鳥取銀行
鳥取中央郵便局
朝日生命保険(相)山陰支社
住友生命保険(相)鳥取支社
鳥取市立病院
鳥取信用金庫
日ノ丸慣行㈱(ニューオータニ)
日ノ丸産業㈱
日ノ丸ハイヤー㈱
㈱斧谷晴壹商店
第2グループ
グッドヒル㈱
西日本旅客鉄道㈱米子支社・鳥取鉄道部
㈱HRD
大鳥機工㈱
㈱三協商会
聖和精機㈱鳥取工場
太洋住研ホーロー㈱
日立金属㈱鳥取工場
ミサワホームサンイン㈱
鳥取県畜産農業協同組合
第3グループ
西日本電信電話㈱鳥取支店
やまこう建設㈱
えびす本郷㈱
(財)中国電気保安協会鳥取支部
中電プラント㈱鳥取事業所
東部タクシー㈱
鳥取瓦斯㈱
㈱モリックスジャパン
第4グループ
鳥取三洋電機㈱
大和建設㈱
山陰リネンサプライ㈱
菌興椎茸協同組合
弘信観光㈱鳥取営業所
㈱田中建設
第一生命保険(相)鳥取支社
大山乳業農業協同組合鳥取支所
富国生命保険(相)鳥取支社
(財)鳥取県保健事業団
第5グループ
中国電力㈱鳥取支社
リコーマイクロエレクトロニクス㈱
アクサ生命保険㈱鳥取支社
資生堂販売㈱鳥取支社
商工組合中央金庫鳥取支店
㈱中電工鳥取支店
鳥取市水道局
日本海信販㈱
日本海テレビジョン放送㈱
三井生命保険(相)鳥取支社
第6グループ
鳥取いなば農業協同組合
日ノ丸西濃運輸㈱
㈱ウエスコ鳥取支社
コクヨ事務用品工業㈱
㈱サンマート
㈱ソルコム鳥取支店
第一道路施設㈱
日本通運㈱鳥取支店
㈱日照プレス
㈱マルテ
第7グループ
㈱損害保険ジャパン鳥取支店
日ノ丸自動車㈱
イオン㈱ジャスコ鳥取店
㈱エヌ・ティ・ティネオメイト東中国鳥取支店
㈲亀井堂
三洋製紙㈱
㈱大晃工業
日本放送協会鳥取放送局(NHK)
㈱藤原組
第8グループ
鳥取県農業協同組合中央会
日本生命保険(相)鳥取支社
㈱今井書店
公立学校共済組合鳥取宿泊所
全国共済農業協同組合連合会鳥取県本部
鳥取県信用農業協同組合連合会
鳥取県農業共済組合連合会
日本交通㈱
富士火災海上保険㈱鳥取支店
第9グループ
㈱山陰合同銀行鳥取営業部
㈱鳥取大丸
大同生命保険㈱鳥取支社
山陰信販㈱鳥取支店
㈱富士通中国システムズ鳥取事業部
全国農業協同組合連合会鳥取県本部
日本赤十字社鳥取県本部
明治安田生命保険(相)鳥取支社
医療法人明和会 渡辺病院

コメント

コメント(2)

  1. 匿名 on

    兵本 達吉著 「日本共産党の戦後秘史」 産経新聞出版 2,000円 の購読をお勧めします。兵本氏は昭和13年生まれ。京都大学法学部を卒業後、東京の日本共産党本部で議員秘書等を歴任された方です。北朝鮮の拉致事件で有本恵子さんや横田めぐみさんの救出に尽力されたために共産党を除名されました。「日本共産党の党員は党の活動資金を得るため金持に目をつけ、その家に強盗に押入り、ある時は家人に瀕死の重傷を負わせた。」との記述があります。この本を読む限り、日本共産党の党員は、北朝鮮の秘密工作員の手先か暴力団の手先のようにみえます。////////////////最近、本屋さんの店頭に、兵庫県の八鹿町(現、養父市)(豊岡市の近く)で、三十数年前に起こった八鹿高校差別事件のことについての本が販売されています。それで一言申し上げたい。私の知人(60歳代前半)に八鹿高校を卒業した者がいます。彼は真面目な人なので、私はこれを書くのです。彼の言うのには「八鹿町から6~7時間もかけて、(その当時、播但高速道路はまだ出来ていなかった)
    どうして、ケガで重傷の八鹿高校の先生等を神戸まで連れて来たのか? 近くに病院があるし、豊岡市にも病院があるのに。まして、重傷ならば、近くの病院にすぐ連れていかなければならないのに。—-
    神戸の共産党の病院の医者がわざと診断書を重く書いたんや。」と。私は現場に居なかったので重傷か軽症かそれとも無傷かわかりません。しかし、重傷の先生達を長時間かけて神戸まで連れて来たのには、不自然で納得がいきません。このことについて、日本共産党がこの理由を釈明出来なければ事件はデッチ上げになります。みなさんはどう思われますか?ほかにこの事件を調査された先生達にも、「この事件はデッチ上げだった。」と言っておられる人が二人おられます。一人は元兵庫県立甲北高校の校長先生だった西田秀秋先生です。もう一人の人は神戸市教育委員会に勤めておられた善本明先生です。この事件の結果もたらされたものは「部落は怖い、部落民は怖い。」////////「日本共産党」筆坂 秀世著 新潮新書 新潮社 714円 を紹介します。筆坂氏は党歴39年の参議院議員でしたが不祥事で離党したとのことです。日本共産党の内部が詳しく報じられており、日本共産党を知るうえで、参考になると思います。//////////30数年前に、神戸市葺合区役所の女性職員が、当時の国鉄(現JR)の六甲道駅で電車に飛び込んだとのことです。なぜ?この亡くなられた職員は、職場の被差別部落の出身者(女性、現在も存命)を指して同僚に「あの人は変な人や、あれ(部落出身者)や。」と言ったとのことです。それを聞いた本人が、自分の属する日本共産党の傀儡組織である全人連(
    人権連)(旧 全解連、部落解放同盟正常化連)に言って糾弾になりました。200万円の慰謝料を要求され、連日、職場で執務中も席の横に来て、がなり立てられたようです。私はその当時、その場にいませんでした。が、当時、葺合区役所に居た職員からそのことを聞きました。「あの人は部落解放同盟のおえらさんやから。」とも言ってました。(ほんとうは全人連(人権連)なのに)。その当時の200万円は大金です。これは、部落差別を利用した恐喝です。そして死に至らしめたのです。殺人事件ではないでしょうか?部落差別は、行政の責任であって個人の責任ではありません。(同和対策審議会答申)。この自殺した方は、
    ただ単に運が悪かったのでしょうか?それとも自殺して当然だったのでしょうか?この事件の結果もたらされたもの
    は?「部落は怖い。部落民は怖い。」///////////大分以前からインターネット上のホームページにキンピー問題と言うのが掲載されている。日本共産党の査問の様子を録音したものである。これを聴くと、日本共産党員は、まるで暴力団員ではないかと思うほどである。一度聴いてみてください。敬具

    返信

  2. 特殊鋼屋 on

     大同とか同和という名前がつく、団体名には一応気をつけたほうがよろしいでしょうね。

    返信

コメントする