保護者会で落書き事件の話題

http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1130825747/
より
966 :エージェント・774:2005/11/08(火) 00:58:38 ID:pWczqpVY
以下は実際の話です。中には心当たりがある方もいらっしゃるでしょう。
とある学校での保護者会、近々の落書き事件についての話があったとか。
その筆跡は人物特定が出来ないよう利き手とは反対の手で書かれており、しかも五年ほど前にあった落書き事件と字体が似ていたとのこと。
学校の説明では、誰が書いたのか分からないけど、これについてどう思うかというものだったらしい。
しかも、その時手渡された説明資料は門外不出ということで即その場で回収されてしまったらしい。
まず犯人、五年前と字体や文面が似ていたのなら、三年で卒業してしまう生徒が書いた可能性はかなり低い。
学校では、ひょっとしたら内部の人間(教職員)かも知れないので表沙汰にしたくないとの説明もあったという。
これってよく考えたら可笑しいと思う。
だとしたら保護者を参集してまで説明する必要など無かったはずだ。
にも拘わらず、謂れのない事件をさもこちらに非があるかのように、差別について問いかけるとは一体どういうことだろう。
これではまるで事件をデッチ上げ、差別があるんだとばかりに誘導しているようなものだ。
しかも、その資料に何が書かれていたのか知らないけど、この保護者会に欠席した家庭に対しては後日家庭訪問とか電話突撃をかけるとのこと。
これって一体何なんだ?と、思わず怖ささへ感じてしまった。
この学校の教育現場、開同に蹂躙され狂ってるとしか言いようがない。

コメント

コメントする