同和地区問い合わせ真相報告学習会の資料と音声

2月2日に行われた、「東近江市民による電話での愛荘町役場への同和地区問い合わせ差別事件真相報告学習会」の資料をアップロードしました。
学習会資料-2010-2-2.pdf
また、集会の模様を全編ノーカット録音でお送りします。ニコニコ動画で御覧下さい。

携帯プレーヤー等で聞く方は、以下のMP3ファイルをダウンロードしてください。
学習会-2010-2-2.mp3
会場の様子ですが、804席ある八日市文化芸術会館のホールが満席でした。受付では、名前を記入して資料を受け取るようになっていましたが、別に書かなくても大丈夫でした。
東近江市の職員や、JA関係者のための受付もありました。行政職員やJAを始めとする民間団体、企業に動員がかかっていたようです。背広を着ていて、いかにも仕事帰りという人がぞろぞろ来て、話を聞いて、またぞろぞろと帰っていきました。

コメント

コメント(6)

  1. 通りがかり on

    西澤東近江市長が、またまた暴走のアクセルを踏んだようですね。完全に選択を誤ったと言うべきでしょう。

    返信

  2. 東近江市民 on

    最後に質問された方の質問内容が気にかかっていたのですが、「鳥取ループ」さんが質問されたことがようやく分かりました。帰りを急ぐ参加者の物音にかき消されて、質問内容がよく分からなかったのですが、どういったことを質問されていたのでしょうか?

    返信

  3. 鳥取ループ on

    あれは「解放同盟滋賀県連は、東近江市が差別でないと言ったから鳥取ループが情報公開請求しているように言っているけど、私は県連や県や愛荘町が差別だと言うから情報公開請求したんだ」という趣旨のことを言っただけです。

    返信

  4. 東近江市民 on

    >あれは「解放同盟滋賀県連は、東近江市が差別でないと言ったから鳥取ループが情報公開請求しているように言っているけど、私は県連や県や愛荘町が差別だと言うから情報公開請求したんだ」という趣旨のことを言っただけです。
    よーくわかりました。
    それにしても解放同盟滋賀県連「ほり」副委員長が、どすの聞いた声で、一気にまくし立てておられましたな。自分で自分の言葉に酔っておられる様がよく伝わってきました。あの調子ですごまれたら、反論などできたものではない。西澤市長も平謝りでしたな。
    それにしても「学習会」とは名ばかりで、解放同盟滋賀県連の「糾弾会」に我々市民がお付き合いさせれているようで、とっても後味の悪い集会でした。

    返信

  5. 鳥取ループ on

    「学習会」とか「確認会」とか糾弾会のことを言い換えただけですからね。あれは糾弾会だったと思います。
    県連はしっかり「糾弾要項」というもを作っています。

    返信

  6. 中村 賢次郎 on

    東京都墨田区両国1-2-5-1003

    返信

コメントする